« 2010年3月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

フィリ民ハリラヤ班活動日

あわわわわ遅くなってごめんなさいsweat01日本で楽しみにしてくれてたBPのみんなほんとにごめんなさい!!

9期のえりです、すみません。すみません。部長なのにこんなでほんとすみません。よーへいくんすみません。

おとといのブログ担当でした←

すみません・・・そろそろ切り替えてきちんとブログを書きたいと思います。お叱りの言葉はコメント欄にお願いしますsweat02( ´;ω;`)ブワッ

おととい、昨日にかけてはフィリ民ハリラヤ班の企画日でした。

今回のフィリ民は“移民問題×現地貢献”をコンセプトに活動を行っています。

ハリラヤ班の活動に限った話をすると

移民問題への取り組みではマレーシア人とフィリピン人移民について考えるワークショップを通じて現地学生の移民問題への意識向上を目指し、

現地貢献を目指す活動では、識字教育に焦点を絞り、NVCでの授業を行っています。

私は今回ハリラヤ班の班長でした。

ゆえに、いろいろと考えてもろもろ動かなきゃいけなかったのに、まったく配慮もタスク・・・じゃなかった、リスクヘッジも足りてなかったです。

特に一日目の授業に関しては、教材の印刷や資料の管理などの雑事を事前にこなせていなくて、そのうえスケジュールの変更やみんなの動きの支持等も行き届かずみんなを混乱させてしまい、反省しています。みんなごめんなさい。

でも、あたしハリラヤの企画が一番楽しかったよ、て言ってくれる子がいたからよかった。

今までみたいにクラス全体に向けた授業じゃなくって、生徒一人ひとりと密にかかわれる形の個別授業だったから、子どもたちといっぱいコミュニケーション取れる場だったかな。

そういう形の授業もありなんだなってわかったことは収穫。

あとは、NVCの生徒は発音とスペルが一致してないことがわかった。なんでNVCの生徒が読み書きできないのかわかったことも収穫。

いろいろ反省すべきことが多いんだけどねー。

にゃー。

手前味噌ですが、ワークショップはうまくいったと思います、とか言ってみようかしら(*´ェ`*)

私たちに気を使って、あたしたちの言ってほしいと思われる答えをいわれやしないか心配してたんだけど、

移民は悪いかもしれないけど子供は悪くない、とか移民との共生を目指すべきだ的なサムシングとか

でも実際はみんなかなり真剣に本音を語ってくれました。顔がすごい真剣だったからうれしかった。移民について一緒に考え、移民問題への意識を向上させたいという目的はかなえられたのかな。すごく有意義な時間だったと思います。

単純に楽しかった。

でもワークショップをやってみて、移民問題って本当に難しいんだなって改めて思いました。

彼らが言ってたのは、

フィリピン人移民がきみたちに何もしないのは、きみらが“日本人”だからだよ、ってこと。

移民がなんらかの行動を起こそうとするとき、その対象はたいていローカル。

警察も外国人からの訴えだったらすぐに動いて移民を犯罪を起こした移民を捕まえようとするけど、ローカルが何を言っても動いてくれないんだよ。

移民の側も、それをわかってるからローカルを対象にするんだ。

確かにきちんとしたルートで入国して、まじめに働いている移民もいる。

でもそれは5パーセント、10パーセント。大多数はデンジャラス。

両親からも、祖父母からも、学校の先生からもそういわれて育っているし、実際にkk市内でいやな目にあったこともあるし、毎日新聞で移民の事件を目にしてるから、そう簡単に移民への意識は変わらないよ。

そんなことを言われました。あたしたち外の人間がそう簡単に踏み込んじゃいけないのかなって思ったり・・・。難しいね。

あ、なんかすごい長くてごめんなさいsweat01

しかもえらい暗いなー笑

反省に次ぐ反省の嵐Σ⊆(・∀・⊂⌒つ

夜遅いので、思考が暗くなっちゃってるかも!

明るいときにまた書きます!

それではみなさん スラマッ ティドゥール☆(o・ω・)ノ))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

訪問調査の日♪

こんばんは(●^U^●)

ちょっと最近ひきこもりぎみ☆10期の池本紗希です。

25日は、訪問調査の日でした。

自分は無駄に物事を考えこんでしまう癖があって、

正直、訪問調査を行うにあたってもいろいろ思うところがありました。

いろんな気持ちが自分の中で渦巻いている中で

この日をむかえてしまったわけですが、

自分が担当してきた企画であり

村人さんに直接質問をできるチャンスということで

わくわくどきどきする気持ちがあるのも本当で、

ますます渦巻いたまま出発!

こん・さき・エニーのグループでいったのはCブロック。

まず、自分の英語力のなさを再認識しました。

ほんと戦力外です…

まーこんエニーいろいろごめんね、そしてありがとうっ。

二軒おじゃましたのですが、どちらのお宅の方も

気さくにお話を聞かせてくれました。

自分たちや他の団体がよく訪れたりして、

外国人に慣れているからか、基本的にヌンバックの人って、

こちらがにこにこしてると笑いかけてくれるし、

あいさつも返してくれるから初めて来た日は少しびっくりしたくらい。

当然ながらキレイなことだけじゃないことも、

まあ、多々感じる事もあるけど。

訪問調査、単純に、やってよかったって思いました。

いろんなお話を聞いて、やっぱり直接会って聞けるのっていいなって。

そりゃあ自分はマレー語も英語も破壊的にちんぷんかんぷんだし、

マレー語→英語→日本語へと訳されている中で

こぼれおちていく内容もあるけれど、自分たちは、

人対人の活動をしているということをあらためて感じました。

なぜヌンバックで活動するのか。

自分達はいったい何をすべきなのか。

自分はそもそも何をしたいのか。

ここでは「国際交流」の枠を超えることはできないのか。

いっぱいいっぱい考えてもわからないことは

わからないままで、最終的には

もー!不法移民の人みんな、

一回国に帰ってパスポートとってきてよー!

というところにたどり着いてしまいます。

理想にとどかないのは、答えが出ないのは、

どうしようもなくもどかしくて

思考を止めたくなるけどやっぱりもっと一生懸命

悩んでいきたいと自分は思います。

なんか長くなりました…(*ω*

まとまりないけどもう終わりにします。

明日もがんばります!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

終日オフデイ!

「IMG_6808.JPG」をダウンロード

こんばんは。今日のブログ担当の菜津美です。

今日は、終日オフ日!だから、昨日の夜はCPとよる遅くまで飲み、その後、部屋でなんやらかんやら話し、夜遅くまで起きていたせいで、朝はみんな遅かったです。

休みでありながら、休みではないのがBPの渡航。結局、今日も1日活動準備に追われているメンバーが多かったです。お疲れ様!

夕方からは、ファジルのお誘いで、タンジュンアルのビーチに夕日を見に行きました。空と宇宙がつながっていることを実感できるような夕焼けを背景に、みんなで砂浜ではしゃぎました。

そんで、夕飯を食べて、夜MTGをして、今に至っています。

「ボランティア」としてボルネオに来ること。その意味の感じ方が、渡航を重ねるごとに変化しているように思う。「何か現地のためになることをしたい」という想い。

でも、現地って何だろう?誰だろう?               

ボランティアをすることで、村を変えるとする。でも、一つの変化には、プラスの部分とマイナスの部分を伴う。誰かにとってのメリットは、他の誰かにとってのデメリットにつながることは多い。では、その中で、自分は何を選択していくのか。

なんか、昔はごちゃごちゃと難しいことを考えていたけど、今自分の中では「もっとシンプルでいいんじゃないか」って思っている。村の人も、CPも、結局同じ人間だから。

「何をしたら相手が喜んでくれるんだろう」原点はそこにある。それは、自分の身近な人との関係と同じ。誰に対しても態度の変わらない人が本物何だと思う。ボランティア対象にだけ、親切に接することを偽善と呼ぶと思う。

もっと自然に、人間と人間との関係で、活動を続けて行きたい。そのためには、まず、自分が誰よりも人間らしくありたいと思っている。活動する時は真剣に活動して、笑う時は思いっきり笑って、食べる時は思いっきり食べて、寝る時は寝る。自分に対しても、相手に対しても正直であり続ける。ちゃんと、村の人のこと、CPのこと、メンバーのことを知り、感じていられる渡航にしていきたい。

やばい。かたくなっちゃった。もっと、もっとおもろいネタもたくさんあったんだけど、長くなりすぎても微妙だから、こんなもんで止めておきます。

また、思いついたら書く。

このメンバーと一緒に活動できていることに、めっちゃわくわくしている。ここから、渡航中旬にかけて、もっと楽しんでくでーーー!

あ、ツイッタ―でリアルタイムで呟いてるから、zaotonのフォローもよろしくね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

フィリ民(PK班 ) 1日目

NB訪問4日目。フィリ民1日目。

今日はNVで初のフィリ民活動をしました。

この日の予定は、PK班の素材収集で、

CPと共にNB内で写真撮影を行うことでした。

≪活動内容≫

9-10 今日の活動内容の共有。各チーム20単語の決定。

10-11.5 素材収集

11.5-12.5 NVCでの交流

12.5- サマーロッジに戻る。

≪活動について≫

今日の活動は8-17で計画していましたが、久しぶりの晴れということや

日々の疲れが影響し、CP・BPの様子を受け、

午後に計画していた予定をキャンセルしました。

この時にできなかった予定は後日行います。

≪感想≫

今日は、この企画の統括をしていたということもあり、

今渡航で一番1日が長いと感じた日でした。

もともと過酷なスケジュールだったことや、

ラマダンの人々がいること、

さまざまな反省点があり、自分の無力さを改めて感じさせられました。

今後も様々な活動があるので悔いはのこさないようにしていきたいです。

PK班2日目の活動が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広報部 四葉企画

ちょーす!坂東です。

まあいろいろごちゃごちゃもありましたが、トリアエズ、うまくいったことを報告します!

ご存知のように今回の渡航、広報部としての企画はたったの1日、一応、ある程度の緊張感を持って企画に臨みました。

今回の企画はシカム家、ジャイナル家、アディ家で行いました。

【ヌンバックで企画を行う際の目的)】
ヌンバックの3家庭の人に、日本の文化、日本の中学生のことを知ってもらう。
ヌンバックの3家庭の人に、普段とは少し違った視点から、ヌンバックを見てもらう。

ってことで

まずは日本のことについて説明して、その次に四つ葉の子ども達やプレゼントであるカレンダーの作成シーンを動画やスライドを使って説明し、ほんで最後にカレンダーを届けるって流れでした。

アディ家のお母さんがシャイだったマターとかジャイナル家がまさかの改築中事件とか、いろいろまあおなじみのどたばた劇場はありましたが、映像への食い付きとかカレンダーの反応とかを見るかぎり、目的は達成できたと思います。何より自分としてはやってて楽しかったので、めだたしめでたし。あっしょうたの映像もみせたよ。ちゃんとメルニ覚えてました。

広報部としてはこれで全体を巻き込んでの企画は終えたわけですが、NBの人達のレスポンスを届けるまでが、この企画なのでまた、日本にいるメンバーと共に再び四つ葉に行きましょうね!

広報部メンバーのみんな、今回は初の中学校企画で過去の映像とか参考にできるデータとかもなかったし、期末テスト後は毎日学校とか自由空間で映像作成、原稿作成、リハなどなど企画の2-3時間のためにかけた時間は莫大なものだったと思います。でもみんながスクリプトとかを英訳まで仕上げてくれていたおかげでどたばたも乗り越えられたし、なにより、日本のことよつばのこどもたちのメッセージを届けることができたと思います。備えあれば憂いないのです。とりあえず、おつかれさまでーす

渡航メンバーのみんなも企画前日、リハの後、班で集まってくれたメンバー、本番の緊急事態に臨機応変に対応してくれたメンバー、みなみなさんのおかげです。

あっ眠くなってきた。じゃあまた。さいならー

Img_0252_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

NBホームステイ2日目

こんばんは!10期のまゆです。

NBホームステイ、めっちゃ疲れました!!

でも頑張ってブログ書いて早く寝ます!

私はホームステイ後半グループだったんですが、NBに着くなり前半の皆の顔が疲れきってて、思わず笑ってしまいました←

シカムさん宅でお茶とお菓子をいただいてから(私はシカムさんに「君はシャイだね」と言われて、お茶とお菓子をめっちゃ勧められました・・・)、カバグーまで子供たちとじゃらんじゃらんしました。

子供たちは、傘をかしてくれたり、髪にお花を挿してくれたり、優しくて良い子でした~◎

特大ナマコを持った子供に追いかけられたりもしました。

シカムさんちに帰ってからも、子供たちはパワフルでした。

男の子たちと腕相撲をしすぎて、腕が筋肉痛です・・・

夕食後は、シカムさんちの人たちとフルーツを食べつつ、ゆっけとえりが話しているのを見てました←

やっぱりマレーシア語もっと覚えたいです。

子供たちは可愛いし大好きだけど、大人と喋ることで、もっとNBのことを知れたんじゃないかな、と思います。

そしてまたシカムさんにフルーツを勧められました。その後イパにもパンを勧められました。シャイだから食べないわけじゃないんですけどね。でも嬉しかったです。

次の日の朝は、ご飯の前に№2までじゃらんじゃらんしました。

後から移住してきた家って、そうでない家とは雰囲気が違うんですね。

ご飯の後、子供にアイスをもらったんですが、私が食べ終わったアイスの棒を持っていたら、子供が私の手から棒を取って、何の躊躇もなく海へ捨てていました。

渡航前から聞いてはいたけれど、実際自分の目で見ると、少し驚きました。

小さいころから、大人がゴミを海へ捨てているのを見ていたら、そりゃあそうなるよな、ゴミ問題って解決できるものなのかな、とか

明らかに字が読めない子がいたけど、もし字が読めなきゃいけない状況にいるなら、自分から(または親が)読めるようにするよな、とか

確かにNBは日本と比べたら貧しいけど、でも村人は幸せそうだよな・・・とか

色々考えさせられました。

最後まで迷っていたけど、ホームステイしてよかったです。

変な日本語で、尚且つ薄い内容の文章をだらだら書いてすみません。

おやすみなさい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

NBHS 1日目

こんばんは!10期のもなみです。

8月20日NBにホームステイさせてもらいました。シカム家とジャイナル家に分かれて泊まりました。

ヌンバックに到着後ジャランジャランに出かけた途端にスコールに襲われました。けど、子供たちはマンディ、マンディと言って楽しそうに外ではしゃいでました(^^)かわいかったです。

雨がしばらく降っていたので、シカムさん家にいると、子供たちがたくさん入ってきました。

メンバー全員子供とじゃれあっていました。メンバーは時間が経つにつれて疲れが見えてましたが、子供達はいつまでも元気でした。年の差を感じました。

ホームステイをすることによって、村人の生活を覗くことができて、活動だけでは分からないことを吸収できました。マレー語は難しいけれど、シカムさん家族やジャイナル家族とたくさん話すことができました。ご飯はすごくおいしくてみんな箸が進んでいました。ドリアンを食べさせてもらったけど、みんな耐えられなくてギブアップしてしまいました(^^;)イパはおいしそうに食べていました。その後就寝です。

朝食はピサゴレンをいただきました!その後ジャランジャランに出かけました。なっちゃん、まきこ、かずはナンバー2の方へ行ったようです。ちゅーや、やまと、みさき、わたしはカバックへ歩いて行きました。NBからほんの少し離れていてところでしたが、海が透き通っていてキレイでした!!

カバックから帰ってきたら、まきことなっちゃんがジャイナルのママと魚のうろこを剥いでました。まきこは上手!と言われてました~。アルニスはその横でマンディをしてました(^^)

ジャイナルシスターズがお昼ご飯を作ってくれたので、おいしくいただきました!!とってもとってもおいしかったです。ジャイナルの家にはよーへいのコアラのマーチのクッション、にっしーの写真立て、ちゅーやの帽子など、BPメンバーがあげたものが大切に飾られてました(^^)☆

その後、シカムさん家でもう一度お昼ごはんをいただき、お腹いっぱいになったところで、お別れの時間がきてしまいました。子供とじゃれたり、村人と話したり、とても楽しくて有意義な時間だったので、帰るのが惜しくてもう1泊してかったです。

シカム家、ジャイナル家にお礼を告げて、私たちはバスが来る丘へ向かいました。丘へ行くまでの道のりで子供たちがたくさん集まってくれて、私たちのお見送りをしてくれました。HS後半組みとバトンタッチして私たちはバスに乗って帰りました。バスを追いかけてくれる子供もいて、すごくうれしかったです☆

HSで見えたこと、考えたことは多々ありました。なにより村の人とたくさん交流できたことがよかったです(^^)♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Home Stay! 1班

selamat malam!!

日本にいるみなさん、元気ですか?(^^)9期のみさきですー!

KKについて4日が経ちました◎

前回渡航から半年もたってるとは思えないほどKKにいるのが当たり前みたいに思えて、なんだか変な感じもします、第2の故郷、KK!

さてさて、昨日今日はホームステイでした!!前回いかなかった私にとっては初HS!

前回渡航、実はちきって全然現地の人とはなせなかったんです。CPとも、関係者とも、村人とも。その場にいるだけで、自分から積極的に話そうとしていなかったんです。

ずっとそれをすごく後悔していて、今回の渡航の個人目標が「現地の人ともっともっと絡むこと」としていたのです。

だから、1日村人と一緒にいられるHSを、渡航前からすごくすごく楽しみにしていたので、昨日はうきうきでヌンバックに向かいました!

着いてからお昼は、家族とカタコトのマレー語でお話したり、シカムさんが魚とイカをさばいているのをとなりでみていたり、なっちゃんと食器あらったり、子どもたちに遊ばれたり(笑)

シカム家の娘さんたち料理上手!!夜ごはんすごくおいしかった!

私とちゅうやはジャイナル家に泊まる予定だったので、ご飯を食べてから移動しました。

なんと、ママがご飯を作ってくれていました。

ということで、再び夜ごはんを食べました。←

夜は子どもたちとお母さんといろんな話をしました!飾ってある写真の話をしたり、「これはトモがくれたんだよ!」「これはうめからの手紙だよ!」とかBPの話もちらほら。

ママは、わけわかんないマレー語を話す私たちにも一生懸命話しかけてくれました。こどもたちもいっぱい話してくれて、もう本当にジャイナル家大好きになっちゃいました!

夜はひろゆきが来て、みんなでシカムさんちの家の前でおしゃべりしたり、ひろゆきがもってきたランブータンとかたべたり。

11時くらいにジャイナル家戻って、もうみんな寝る感じだったのですぐに寝ました。

11時に寝るとは健康的!

朝5時くらい。ものすごい音量でよくわからん怖い歌が流れてきました。

コーランです。

初めて聴いたのですが、なにかが降臨してきそうな歌(?)でした!!

朝は、シカムさん家でお母さんが作ったピサンゴレン食べて(めっちゃおいしかった!)

ちゅうやとじゃらんじゃらんして、もなやまとちゅうやとカバグーまでいったりして遊びました◎

帰ってきてジャイナルママが魚をさばいて、まきこがその鱗をとるお手伝いをしてたので、代わってもらってやってみました。

すぐに魚のとげで怪我をしました。

ママに「まきこのほうが上手。」「tidak pandai(下手くそ)」と言われました。←

お姉ちゃんがお昼ご飯を作ってくれたので、みんなで食べました◎お姉ちゃんめっちゃ料理上手!!おいしかった!

そのあとシカム家にいったらまたお昼ご飯があったのでご飯を食べました◎

(ようするに夜と昼2回ずつ食べた)

そんなこんなで楽しい楽しいホームステイも終わり、第2班の人と交代してKKへ!

で、私の日記みたいになっちゃってて、しかも私がひたすら食べ続けていたことがばれてしまうブログなんですけど←

最後に全体を通しての感想を書いておわりにします。

「ゴミ問題解決!」といっても、あの生活をしている限り難しい。だってわたしも果物の皮海に投げたし、トイレだって「いや私たちBPだから、、、」とかいって我慢できません。

あと1日過ごしてて、別に文字の必要性も感じなかった。魚をつって、さばいて、食べる。食べ物を売って、そのお金でKKでお買いものをする。これはみんな親からやり方を教わるし、本から学ぶものじゃない。

なんか、うーん。

私はあの村の、少なくとも私が知っている人たちのことが好き。

だけど、それだけ?

村のことをもっとよくしるためにHSをしたわけなんだけど、知れば知るほど揺らぐし、

「ヌンバックで活動したい」 から「ヌンバックで活動する」がいいのかよくないのかもわからない。

でも、今の私はそうだなー。

とかいう、ありがちな悩みがちょこっと頭によぎりました。

だけどHSのときは全然そんな難しいこと考えてなくって、ひたすら「シカム家ジャイナル家好きだー!」ってなってたし、たくさん村の人とおしゃべりできたからとりあえず目標達成◎インドネシア語やっててよかった!

上に書いたことはぼちぼち渡航中に考えていきます!

めっちゃ長い日記(←日記じゃないはずなのに)書いてすみません!1時間くらいかけて書いてしまいました!読んでくれた方、ありがとうございます!!!

それでは☆

みさき

| | コメント (8) | トラックバック (0)

こんばんは。じょんです。

ども、本日ブログ担当のジョンです。

今日はおうちデートの日。の、前に昨日の飲み会飲みすぎました。BPのみなさんごめんなさい。朝じゅんやさんに優しくたたき起こされて朝ミーティング。何を話すべきかしっかり把握してなくて岬さんにフォローしてもらいました。ごめんなさい。このままだと反省文になってしまうのでテンション上げていきます。

今日はなんとなんと待ちに待った初ヌンバックです。ぬふふ。バスに乗り込みいざNB!ジェットコースター並みに揺れる道を通りながらNB村人との楽しい出会いを期待してました。うひょひょ。NB到着。村人がBPにはいってから全体統括は自分だったんですが、あまりそういうことまで頭が回っていなくて岬さんとユッケさんに迷惑かけました。ごめんなさい。

そしておうちデートスタート!自分のグループはゆっけさんとCP三人でした。適当に村人の家を決め、いざ突入。正直最初のほうはビビってました。村人が何言ってるのかパッパラピーだったのでそこで壁を感じてしまったのだと思います。自分たちが行ったおうちにはお母さんと子どもたちがいて結婚式のパーティーの話で盛り上がりました。なんか向こうの人たちの話では結婚式で二人の結婚を祝って踊るみたいなのですが、その時踊っているお客の頭にお礼の意味も込めてお金を乗っけるみたいです。だから「もし今日初めてあった自分も結婚式にきて踊ったらお金頭にのっけてくれるの?」と聞いたら「ぼれー!」と言ってくれた。いい人達だ。

途中からお父さんが登場して話に加わり結婚式のパーティの話から宗教的な話へ。宗教的指導者の話からその言い伝えまでひたすら語ってくれました。そして語ること一時間。帰る時間が迫ってきたのでここでお別れを伝えることにした。最後「もう一回おうちに来てもいいですか?」と尋ねたら「ぼれー!」とにっこり笑って言ってくれた。やはりいい人達だ。

そのあとサマーロッジに戻り古岡先生と夜ごはん。先輩たちが気を使って新メンを古岡先生の近くの席に配置してくれたのですが、自分は眠くてあまり話を聞けませんでした。ごめんなさい。

今日はひたすら謝罪と反省の繰り返しだったような気がします。明日から同じミスをしないようしっかりしよう。おしまい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

遅くなりました

遅くなりました。ごめんなさい。

機内でフライトアテンダントの方に「サランヘヨ」と言いまくっていた宙彌です。「こんばんは」だと勘違いしてました。「I love you.」って意味なんだね・・・。あー恥ずかしい。

8月17日の担当です。今回で3回目の渡航なのですが、かつて感じていたワクワクとはまた一味違う、何ともいえない感覚に包まれての渡航となりました。
前日、深夜4時くらいに眠って、起きたのは8時ころ。その後サニーさんとのMTG、アズミ氏とのMTGの後、CP総会という一日でした。

まず、関係者とのMTGで、実際にあってみることの大切さについて再認識。その人が醸し出す雰囲気、声のトーン、目の動き方、貧乏ゆすりなどの仕草・・・そういうものって実際にあってみないと伝わってこない。紙面に落とされた言葉は、所詮その人を構成する一要素に過ぎず、言葉を発した人本人と向き合うことで始めて、すべてが伝わってくる可能性を手に出来る。

「現場」を大切にしましょうー。ってことです。

さて、一回、二回と渡航して、後悔していることはたくさんあります。けど、その中でもっとも大きいのは、「人と向き合うことができなかった」ことでした。「人」とは、メンバーでもあり、CPでもあり、村人でもあり、そして自分自身でもある。正直に言うと、渡航前、渡航中忙しいということを言い訳にしている自分、毎日をこなすことに一生懸命になっている自分がいた。次第に、体にもココロにも余裕が無くなっていって、心の深奥に閉じこもっていくことが多かった。何のために渡航することにしたのか次第に見失っていく自分がいた。「人のためになりたい」という思いが少しでもあったから、この団体に入ったのではなかったのか?しかし、その思いをしばしば見失ってしまった。

「人のためになりたい」という人に限って案外と身近な人と向き合えてないものだと思う。自分のように。「いま、ここで」人と向き合えてない人が、「いつか、どこか」でなら人と向き合えるなんてことはありえない。自分ごとですが、昨日CPと再会したときに、自分の薄情さに悲しくなった。渡航前ほとんど彼らのことなんて考えなった。実際に再会して初めて、彼らが自分に再会して喜んでくれていることを実感して初めて、後悔した。

人と向き合うことが出来なくなることは、「人を見失うこと」と同じ。人間を「ヒト」としてではなく「モノ」としているようになっていく。「問題解決」という言葉が良く使われるが、勘違いしてはいけないのは、対象は問題自身ではなくて、それに苦しんでいる「
ヒト」であるということ。「ヒトの姿を見失った人」がどれだけ声高に「人のため」を叫んでもそんなのウソじゃん、と思ってしまう。だから、自分もたまに嘘くさい。

「人と向き合うことが出来ているだろうか」と一度、立ち止まって考えることで見えてくる新しい視野がある。「人」に注目することで見えてくることがある。そんな風に最近は思ってます。

 さてさて、長くなったので、そろそろ締めます。

サマーロッジのスタッフ、現地の関係者、そしてカウンターパートの皆が自分を歓迎してくれる。それが、もう単純に嬉しくて嬉しくて♪こういう、つながり、そして出会いを大切にしたい!これが今一番強く思うことです。

おわり。

坂本宙彌(8期)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

‘10夏ブログ始まりました!!!

HELLO,MY NAME IS MAKIKO.

やっと先ほどKK,Summer Logeに到着しました。今朝は朝早くから、がくさん、ようへい、しょうたに見送られて日本を旅立ち、ソウルを経由し、夜中に待ちにまったマレーシアに到着しました!

初めてのボルネオ、2回目、3回目、5回目、6回目・・・15名のメンバーそれぞれが様々な想いを持って今回の渡航がstart!!

私は今回、前回のしょうたのブログお化けを引き継ぎ、毎日ブログを更新できるように頑張ります。日本にいる皆さん、楽しみにしておいて下さい!

そしてCPの方々、よろしくお願いします。また、日本にいる関係者の皆様、今渡航も精一杯頑張りますので温かく日本から応援よろしくお願いします。

10期 藤本真貴子

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年9月 »