« ☆2月21日☆ | トップページ | ☆2月20日☆ »

今死ねるか!!

今日もしゃしゃりでてきたよー。
まーこんです。昆野です。

今日はメンバーと話して思ったことを書こうかなあと。
フリーダムですみません。

「言う前に悩むぐらいだったら、言ってからどうすればいいか考える」
ってことで書きます。

眠いのでスピード重視でばばっと書きます。明日も活動あるし。
活動には即してません。まあ、たまにはそんなのもいいかと思います。

なんだか活動報告書みたいになった。

・親とか

自分は、いま「人のために」やりたいことをしている。

母親は今年61歳になった。腰と膝が痛い、痛いと言いながら、特別養護老人ホームでヘルパーの仕事をしている。
良く言う。「自分がやりたいと思ったことを、一生懸命やりなさい。」

父親は、父(俺の祖父)を中学生の時に亡くし、働きながら夜間高校に通ってきた。東京の大学に推薦で入れる成績だったが、経済上進学せず上京し、ずっと「お金のために」仕事をしてきた。
良く言う。「仕事?つまらないよ。いつでも辞めたいと思っている。でも、お前には卒業してもらわなきゃいけないからな、もう少し頑張るよ」

両親は、酷な言い方をしてしまえば自分たちの人生を俺のために犠牲にしている。
自分たちがやりたかったことを諦め、俺のために生きている。

今回も、週に数回しか帰ってこない父親の帰宅を母親は家で待っている。
自宅と、職場の単純往復。朝起きて、職場に行って、誰もいない家に帰ってきて、眠り、朝起きて・・・・。

父親は自分がやりたかった夢を諦め、とにかく「人のためになることをしなさい」と俺にいう。
自分の苦しい経験から、民間企業はきついから、「公務員になりなさい」という。

なんのために生きているのか?何が楽しいのか?

それはつまるところ俺だ。
俺は父親の「人のためになることをする」夢を生き、母親の「自分がいるから息子はしあわせに生きている」という祈り、願いに生かされている。

俺が死んだら、両親はどうなるんだろう。
そう思うと、死なないように生きるのが怖くなってくる。

車に轢かれそうになったとき。自分がしていることが無意味だと言われたとき。

ふざけるな!!今死ねるか!!!
ふざけるな!!俺の夢はいい。だがそれを支えてくれている両親の夢はどうなる!!!

と思う。

身近な人を大切に出来ていない俺が、遠く離れたマレーシアの人のためにボランティア。笑わせるのもいい加減にしてくれ、と思う。
でも、ヌンバックの子どもに、村人に出会ってしまった。あいつらは俺のことを覚えている。俺も、あいつらのことを覚えている。何もしないのか?無責任極まりなし。

両立するしかない。

じゃあ、自分は父親と母親に、何が出来るのか?

まずは、全力で生き、楽しむこと。
父親の夢を、母親の祈りを、きちんと実らせること。

もう1つは、実りを伝え、感謝すること。
折にふれて、ありがとうということ。

印象的だったのが、
去年11月の誕生日の時に、ボルネオプロジェクトのメンバーからもらった引継ぎ式映像を両親に見せた時のこと。

「正照、あんた本当に友達に恵まれたね。大切に、大切にしなさい。」
と言って、母親が泣いた。

「本当にいつも無理言ってごめん。2人とも、本当に大変な中で、ありがとう。」
そう伝えた。

いま、一瞬、一瞬を、両親が作ってくれている舞台の上で、全力で踊り、観衆を魅了すること。
いま、コタキナバルの夜という舞台で、全力で今すべき、したいことをして、誰かをしあわせにすること。

そしてその事実を、投じた一石の姿形と想いを、その波紋を、
自分が向き合っている人の喜びと、自分に帰ってきた喜びを、

きちんと伝えていくこと。

これもひとつの恩返し、になれているのかな。

(以下備忘録:眠すぎるのでまた後日。タイムアップ。)

・結局、本当に愛を持って接することの出来る人数になんか限りがある。
・人間の存在、生命は、想像も出来ないほど多くの生命に支えられている。
・俺のしあわせは、誰かの犠牲の上に成り立っている。
・そんな世界はいやだ!!でも、変えられるのか???
・では、俺は存在すべきなのか?死んだほうがいいのではないか?
・俺の死は、親にとって最高の不幸。なら、生きるべき?
・誰かひとりでも本当にしあわせにできれば、いい。
・「彼女が出来ない」のはルックスでも正確でもない。ただ、人と向き合えないだけ。人を愛することが出来ないだけ。興味がない。関心がない。自分ひとりがしあわせになれればいい。
・嫌いな人を愛することは出来ない。好きにならなくてはならない。でもそれってすごくむずかしい。
・「愛されたい」と思うのは自然な感情。でもそれが大きくなりすぎては決していけない。
・まずは、「自分から愛する」こと。「自分からの一歩」(この前に書いた)は、つまりそういうこと。愛されたいなら、愛すること。あたりまえ。でも実践出来ない。
・スタディツアー←・・・・→NGO この間をBPは進んできた。どこかに限界がある。スキルとか、成果の実感とか、期間とか、そういうことで。前回渡航は最もNGO的だった。プロジェクトの大きな流れ。今回それがある意味でリセットされた。
・上の・・・の中のどこを理想とするかはみんな違う。でも、「大は小を兼ねる」。NGO的な活動は、スタディーツアーの要素を含むが、逆はありえず、全員が納得はしない。ゆえに、全員の意見を組み入れようとする活動は常にNGO的なものへと向かう。
・「求められる役割」と、自分がどうありたいかは違う。そこで組織の中にいる人間は苦しむ。
・過去を否定することは、そこにいる人間、そして彼らの想いを否定すること。
・まあ言い切ってしまえば、移民問題はどうでもいい。そこじゃなくて、「いかに愛しにくい存在を愛するか」と言うこと。

BP頻出用語が出まくりです。
でも、いくら書いても批判が出ないのは、物を書く時のいいところ。

これを話したら何時間かかるねん。って話。

とりあえず明日は絵本と「世界がもし100人の村だったら」で子どもををハッピーにしてきます。
とにかく子どものしあわせを願い、行動してやる!!

みんな笑えーーーー!!!しあわせになれーーーーーー!!!!
しあわせも愛も、何が本当かなんかわからないけど、全力で受け止めてくれーーーーー!!!!!

別に職業なんかなんでもいいよ。住む場所もどうでもいい。生きていればいいさ。
誰かのしあわせを、願い、自分から勇気を持って行動できる人になってくれ。そうすれば、みんなの人生は、1000倍しあわせになる!!!気がする。

眠すぎて後半わけわからんくなったのでもう寝ます。

こん

|

« ☆2月21日☆ | トップページ | ☆2月20日☆ »

現地生活あんなことこんなこと☆」カテゴリの記事

コメント

長い!!(笑)

でもこんちゃんと話すの楽しみだ~
今度こそ飲もうね。

投稿: ゆきち | 2010年2月24日 (水) 23時55分

共感して泣いたw

投稿: ゆみ | 2010年2月25日 (木) 22時45分

長いので、帰ってきたら僕に絵本を使って読み聞かせしてください。

投稿: ゆうき | 2010年2月26日 (金) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251229/33481964

この記事へのトラックバック一覧です: 今死ねるか!!:

« ☆2月21日☆ | トップページ | ☆2月20日☆ »