« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ただこぴ1日目

スラマッパギー★

2日目の朝になってしまいました…ぶろぐおばけのしょーたくんごめんなさい((・(ェ)・;))

24日ただこぴ班企画1日目について9期ももがお送りします(。・w・。 )

ただこぴ企画メインである大ゴトンロヨンのための1日目ということで

こどもダイアログ、横断幕作り、ミニゴトンロヨンの流れで活動が行われました

細かいところで多々至らない点があったとこは完全に班長(仮w)の私の適当さのせいで(ノ_-。)

この場を借りてみんなにごめんなさいと伝えたいです(´;ω;`)ウウ・・・

けど、初めての試みであったこどもダイアログに関しては

思った以上にこどもの日常の様子などいろいろと聞けたのではと思います

夜MTGで反省にあがったように、返ってきた答えは

確かに予想されたものが多くあって、こどもたちの素直な意見ではなくてBP(外部)向けの話であったかもしれないけど

もっと構成を考えたりやり方次第で

こどもと対話をする(MTGをする)ことでこどもの考えを引き出すこともできるのではという可能性がみえたと個人的には思います

わずかかもしれないけどそういう希望、大切にしたいと

こっちにきて活動をして改めて感じてます( ´・ω・`)

そんなこんなでただこぴ1日目の活動は終わりまして

夜は屋上でレンジャー劇の練習( ̄ー ̄)ニヤリ

明日はレンジャーショーの間、私がビデオ担当なので

生で見れない方々のために責任もってしっかり記録してまいります(o・ω・)ノ))

明日は4日連続のヌンバックでの活動の最終日、

今渡航のヌンバックでの活動も残り2日、

大掛かりなゴトンロヨンということで健康面や安全面の懸念点や

みんないろいろ思うところはあると思うけど

ただこぴ目標の

【一人でも多くのこどもの環境に対する意識を向上する】ということと

コンセプトの

【Simple is the Best!!】を胸に

楽しんで1日過ごせたらなと思います(*´ェ`*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きっぴん企画

なんだかボルプロ内で『予想を超える』ってワードが多用されるようになってきました

発端はあたしのタイプの話で「予想を超える人がすき」とか口走ったせいだと思っていますw 自過剰な可能性はおおいにあるけど(´▽`)

そんなこんなで9期えりです

昨日はKさく、じゅんや、えり、通称きっピン班の絵本企画でした♪

メンバーのみんなから好きな絵本を持ってきてもらって、日本で英訳し、facebook上でCPメンバーに協力を要請しつつマレー語に訳したり、外大の教授にマレー語訳をお願いしたりしながら完成させたBPオリジナル絵本

広い世界に目を向けてほしいと願いをこめてつくった世界観授業

どちらも思い入れが深く、どうしても贔屓目に見てしまうところは否めませんが、うまくいったと思います。少なくとも、やってよかったと偽りなく言えるからOKじゃないでしょうか

読み聞かせ、授業、ともに私たちの予想以上に子供たちが集中して聞いてくれました

絵本なんかくだらないと思われるんじゃないか

ICを持っていない子もいるNVCの生徒に対して世界のことを教えても酷なだけじゃないか

そんな心配は杞憂に終わったと思います

子供たちは学びたいと思っている

世界のこと、ほかのいろいろなことに対する好奇心は、ICがあろうとなかろうと、日本人だろうとマレー人だろうとフィリピン人だろうと関係なく、ヌンバックの子供たちにとっても有益である

そう思えました

ただ漫然と絵本読むことに意味あんのかとか、ヌンバックの子供たちに外の世界のこと教えて何の意味があんのかとか、非常に的確な指摘をメンバーからもらって迷ったこともあったけど、今回はヌンバックの子供たちの意欲を確認できただけでも収穫はあったのかな

今日NVCの先生とMTGをしていろいろ衝撃的なこともあったから、今後はその辺も踏まえて企画見直していきたいと思います(`・ω・´)

まあなにより、楽しかった♪

楽しさから一歩踏み込んで、より実りのある活動をしていきたいです

あ、今日ひろゆき(ヌンバックの村人)が夕食に連れて行ってくれました(´▽`)

一台の車に13人乗るというハイパーな経験もできたいへん満足にございますw

こっちのごはんおいしすぎて、せっかく暑さでやせたと思ったのにもう戻ってきましたorz

レジャーまでにやせねば!!でもおいしいものは逃したくないのだ!!

明日もおいしいものいっぱい食べるぞ!

…ではなく、活動がんばるぞ!

えり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほっほおっほいほほいほいほい

みなさんこんにばんわ。

本日のブログ担当坂東でございます。ブログも今のところしょうたの執拗な催促により、とどこることなく更新されておりますのです。

渡航も後半戦に突入し、NB(新サバン村)へ行くのも後3回となりもうした。タイムはFLYですね。

さてさて本日は広報2日目。

自分はNVCチルドレンに岡上の子供たちにあげる卒業プレゼントを制作してもらうやつの担当でした。クオリティにばらつきはあれども100枚ぐらい集めることが出来たよん。

いやあ、やっぱり子供たちはパワフルですな。若い頃が懐かしいです。

ほんで、NBから帰ったらタピオカミルクテーってKとYO-HEYとともにサッカーとランニングっぽいヤツをやりました。一回みんなでサッカーとかしたいわ~。

ほいじゃあ夜MTGまでお昼寝しますわ。

最近はSL症候群に苛まれ(多分サマーロッジのダストのせいで)、咳がとまらない坂東がお送りいたしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆2月20日☆

どーも、7期のがくです(☆∀☆)

本当は2月20日のブログ担当だったのですが、気がついたら23日になっていました。乙。

***

はい!20日はロリスさんのSekolah Sayangにお邪魔しました♪

今回は残念ながらロリスさんが帰郷していて、彼女にはお会い出来なかったのですが・・・(;´Д`)ウウッ…

しかし今回は安部さん&CFFの方々と一緒にフランシスさんのお話を聞けました!

また違った目的を持った団体の方々と一緒に活動ができ、新メンバーたちにとっても、新鮮で貴重な経験になったのではないでしょうか(*´∀`)つ・

というのも、僕ら古いメンバーは一度フランシスさんとロリスさんのお話を聞いているので、CPと一緒に活動のフィードバックぅヽ(´ー`)

CP大好キ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

はい。その後は我らがリサーチチーム部長の谷口様企画でリカスの不法移民の村を訪問。

何か新しいものが、若い子たちの中でピカリンとしたのではと、僕は思います。

僕の表現力不足。そうりい。

そしてそして!!その夜はCPとの飲み会がありました━━━━ヽ(・∀・ )ノ━━━━!!!!

なんとビックリ、僕は深夜3時頃までBBカフェで他メンバーと飲んだり話したり。

しかして僕、徹夜と疲れがたまっていたのか、たったの5、6杯で酔いが回ってシマタ(・∀・;)

始終フワフワしてしまって、しょうた&みさきにはごめんよー。゚(゚´Д`゚)゚。

でも僕は生まれて初めて酒に酔いました。

多分。

分かんないけど。

信頼関係だーい|・∀・)

なに、この殴り書きc⌒っ´Д`)φ

***

ってか長っ!Σ(´д`ノ) 

ではでは、とりあえずここで終わります~♪

僕、生きています。

帰国したら、誰か僕をデートに誘って欲しいですー・~(゚ー^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今死ねるか!!

今日もしゃしゃりでてきたよー。
まーこんです。昆野です。

今日はメンバーと話して思ったことを書こうかなあと。
フリーダムですみません。

「言う前に悩むぐらいだったら、言ってからどうすればいいか考える」
ってことで書きます。

眠いのでスピード重視でばばっと書きます。明日も活動あるし。
活動には即してません。まあ、たまにはそんなのもいいかと思います。

なんだか活動報告書みたいになった。

・親とか

自分は、いま「人のために」やりたいことをしている。

母親は今年61歳になった。腰と膝が痛い、痛いと言いながら、特別養護老人ホームでヘルパーの仕事をしている。
良く言う。「自分がやりたいと思ったことを、一生懸命やりなさい。」

父親は、父(俺の祖父)を中学生の時に亡くし、働きながら夜間高校に通ってきた。東京の大学に推薦で入れる成績だったが、経済上進学せず上京し、ずっと「お金のために」仕事をしてきた。
良く言う。「仕事?つまらないよ。いつでも辞めたいと思っている。でも、お前には卒業してもらわなきゃいけないからな、もう少し頑張るよ」

両親は、酷な言い方をしてしまえば自分たちの人生を俺のために犠牲にしている。
自分たちがやりたかったことを諦め、俺のために生きている。

今回も、週に数回しか帰ってこない父親の帰宅を母親は家で待っている。
自宅と、職場の単純往復。朝起きて、職場に行って、誰もいない家に帰ってきて、眠り、朝起きて・・・・。

父親は自分がやりたかった夢を諦め、とにかく「人のためになることをしなさい」と俺にいう。
自分の苦しい経験から、民間企業はきついから、「公務員になりなさい」という。

なんのために生きているのか?何が楽しいのか?

それはつまるところ俺だ。
俺は父親の「人のためになることをする」夢を生き、母親の「自分がいるから息子はしあわせに生きている」という祈り、願いに生かされている。

俺が死んだら、両親はどうなるんだろう。
そう思うと、死なないように生きるのが怖くなってくる。

車に轢かれそうになったとき。自分がしていることが無意味だと言われたとき。

ふざけるな!!今死ねるか!!!
ふざけるな!!俺の夢はいい。だがそれを支えてくれている両親の夢はどうなる!!!

と思う。

身近な人を大切に出来ていない俺が、遠く離れたマレーシアの人のためにボランティア。笑わせるのもいい加減にしてくれ、と思う。
でも、ヌンバックの子どもに、村人に出会ってしまった。あいつらは俺のことを覚えている。俺も、あいつらのことを覚えている。何もしないのか?無責任極まりなし。

両立するしかない。

じゃあ、自分は父親と母親に、何が出来るのか?

まずは、全力で生き、楽しむこと。
父親の夢を、母親の祈りを、きちんと実らせること。

もう1つは、実りを伝え、感謝すること。
折にふれて、ありがとうということ。

印象的だったのが、
去年11月の誕生日の時に、ボルネオプロジェクトのメンバーからもらった引継ぎ式映像を両親に見せた時のこと。

「正照、あんた本当に友達に恵まれたね。大切に、大切にしなさい。」
と言って、母親が泣いた。

「本当にいつも無理言ってごめん。2人とも、本当に大変な中で、ありがとう。」
そう伝えた。

いま、一瞬、一瞬を、両親が作ってくれている舞台の上で、全力で踊り、観衆を魅了すること。
いま、コタキナバルの夜という舞台で、全力で今すべき、したいことをして、誰かをしあわせにすること。

そしてその事実を、投じた一石の姿形と想いを、その波紋を、
自分が向き合っている人の喜びと、自分に帰ってきた喜びを、

きちんと伝えていくこと。

これもひとつの恩返し、になれているのかな。

(以下備忘録:眠すぎるのでまた後日。タイムアップ。)

・結局、本当に愛を持って接することの出来る人数になんか限りがある。
・人間の存在、生命は、想像も出来ないほど多くの生命に支えられている。
・俺のしあわせは、誰かの犠牲の上に成り立っている。
・そんな世界はいやだ!!でも、変えられるのか???
・では、俺は存在すべきなのか?死んだほうがいいのではないか?
・俺の死は、親にとって最高の不幸。なら、生きるべき?
・誰かひとりでも本当にしあわせにできれば、いい。
・「彼女が出来ない」のはルックスでも正確でもない。ただ、人と向き合えないだけ。人を愛することが出来ないだけ。興味がない。関心がない。自分ひとりがしあわせになれればいい。
・嫌いな人を愛することは出来ない。好きにならなくてはならない。でもそれってすごくむずかしい。
・「愛されたい」と思うのは自然な感情。でもそれが大きくなりすぎては決していけない。
・まずは、「自分から愛する」こと。「自分からの一歩」(この前に書いた)は、つまりそういうこと。愛されたいなら、愛すること。あたりまえ。でも実践出来ない。
・スタディツアー←・・・・→NGO この間をBPは進んできた。どこかに限界がある。スキルとか、成果の実感とか、期間とか、そういうことで。前回渡航は最もNGO的だった。プロジェクトの大きな流れ。今回それがある意味でリセットされた。
・上の・・・の中のどこを理想とするかはみんな違う。でも、「大は小を兼ねる」。NGO的な活動は、スタディーツアーの要素を含むが、逆はありえず、全員が納得はしない。ゆえに、全員の意見を組み入れようとする活動は常にNGO的なものへと向かう。
・「求められる役割」と、自分がどうありたいかは違う。そこで組織の中にいる人間は苦しむ。
・過去を否定することは、そこにいる人間、そして彼らの想いを否定すること。
・まあ言い切ってしまえば、移民問題はどうでもいい。そこじゃなくて、「いかに愛しにくい存在を愛するか」と言うこと。

BP頻出用語が出まくりです。
でも、いくら書いても批判が出ないのは、物を書く時のいいところ。

これを話したら何時間かかるねん。って話。

とりあえず明日は絵本と「世界がもし100人の村だったら」で子どもををハッピーにしてきます。
とにかく子どものしあわせを願い、行動してやる!!

みんな笑えーーーー!!!しあわせになれーーーーーー!!!!
しあわせも愛も、何が本当かなんかわからないけど、全力で受け止めてくれーーーーー!!!!!

別に職業なんかなんでもいいよ。住む場所もどうでもいい。生きていればいいさ。
誰かのしあわせを、願い、自分から勇気を持って行動できる人になってくれ。そうすれば、みんなの人生は、1000倍しあわせになる!!!気がする。

眠すぎて後半わけわからんくなったのでもう寝ます。

こん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

☆2月21日☆

こんばんは。8期のみかです!

2月21日ブログ担当なので頑張ります(・∀・)

といっても今日はお休みなのでヌンバックには行きませんでした…

3時までは自由時間だったので、一人でロッティピサンのお店にお昼食べに行きました。

そしたらインド系(多分)のおじいさんと仲良くなりましたー

なんだかんだで1時間位話しました。

お昼間に一人でフラフラすることが多いですが、

結構毎回誰かしらと仲良くなれて楽しいです(・∀・)

マレーシア素敵(・∀・)

3時からは中間振り返りmtgでしたー

皆お疲れ様でした。

明日から4日連続ヌンバック!

ヌンバックに行けるのが楽しみ(・∀・)

ではでは

美香

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほーもんちょーさ!!(2月19日)

こんばんわ!!

この何日間か蚊に刺されすぎて、かゆいとこだらけな9期のみさきです。

再びしゃしゃってぶろぐを書きます!

それにしても2日も書くの遅れて大変申し訳ないです!!

訪問調査は私の初企画でした。

中田さんのワークショップをうけて、大幅に企画を変えたり、前日まで質問項目をみんなに意見もらいながら考えたり…

その過程で、私はたくさんのメンバーに頼ったり泣きついたりしてたんですけど、本当にみんなにはめちゃめちゃお世話になってて…。本当にありがとうございました(;_;)

とにかく無事に企画を終えることが出来て、よかったです。

当日はなななんとCPが10人くらい来てくれるというまさかの状況でした!

しかもUMSの学生は専攻が文化人類学&社会学なのでまさにリサーチはプロフェッショナル!!!!

もちろんUMS以外のおなじみCPも何人も来てくれて、かなりの人数で活動が出来ました☆

8ペアに分かれて、CPに1~2人ついてもらって平均2、3軒回りました。

今回は統計じゃなくて各家を詳しく知ることを目標にしていました。で、聞いた内容は

1基本情報(家族構成、どこからヌンバックに来たのか、職業など)

2教育について(どこの学校に通っているか、親の学校はどうか、など)

3公衆衛生(どんな病気に最近かかったか、かかる病院、医者はだれか…など)

て感じです。目標件数も特に設けなかったので、一軒ごとにゆっくり話を聞くことが出来ました。時間を割きすぎてめっちゃ1軒に滞在しちゃったっていうのが反省点でもあるんですけど…(>_<)

村人とたくさん話せるいい機会だったと思います!

みんな興味深い情報をたくさん聞いてきてたので、これからまとめたり、共有したりと、情報を上手に活用できる体制を作れるように頑張ります!!

渡航も半分くらい終わっちゃいました。

今日は振り返りミーティングがあって、かなり長い時間話をしました。

反論を恐れちゃいけないって、頭では分かってるんだけど、やっぱり怖い。

価値観が多様にあるのは分かってるんだけど、つい自分の意見ばかり主張してしまう。

私の一番いけないとこは、人の意見をちゃんと受け止められない所。

もう少し大人になりたいなって思いました。

もっと思うとこはあるんだけど、なんせ文にするのは難しいので。

みんな私とぜひお話してください。

私も頑張ります。

で、とにかく私が言いたいのは

しょうたぶろぐ遅くなってごめんね(;_;)

ではでは☆

みさき

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「対等感」、つまらないプライド

どうも!またまた担当でもないのに書き倒します。昆野です。

渡航して一週間。なぜだか今回は本当にすぐ過ぎ去っていくようで、少し怖い。

今日はせっかくなので、渡航のために倉庫内軽作業を何度かして買ったカメラの写真でも少し上げたいと思う。

1.CP総会Part.1後のパーティにて

1

がくとしょうたが、2人でよさこいを踊っているところ。
日本にいるときから準備してくれて、CPと一緒におどる場も創ってくれた。

正直な所、すばらしかった。

「よさこい」は、自分たちが日本人であることの誇れるアイデンティティ。
日本人の深い精神世界に裏づけされたストーリーと、
日本の自然、伝統、技術が織り成す鮮やかな纏、
そしていままでもこれからも人と人のつながりを支えていく「踊り」。

人と人をつなげること。その場創りをすること。
そこに、自分だからこそ出来る何かを活かすことができること。

2人とも、しあわせだったと思う。目を見れば分かる。
サマーロッジに帰ってきて、得意にサマーロッジスタッフに
踊りを披露していた二人の目を見れば分かる。

他の誰でもない、あなただからこそできることがある。

そんな場を創ることに携われた僕も、幸せでした。どうもありがとう。

2.ホームステイ

ヌンバックへの2回目のホームステイ。
印象に残ったシーンを3つあげる。

(1)近くの海まで歩いたことと岡村

2

村に、「岡村」とメンバーが呼ぶ子どもがいる。
(写真奥。似ている・・・。)
ナインティナインの岡村に似ているからという安直な理由でそう名づけられた彼だが、
BPの活動にはいつも来てくれている。

そんな彼が、「カバグ」と呼ばれる近くの海に連れて行ってくれることになった。

たくさんの子ども、特に岡村の友達がついて来る。

実はカバグへは今回が2度目。

1回目のとき(昨年9月)、腕をクラゲに刺されて激痛が走った。
そんなときに、自身も顔をさされてものすごく痛いはずなのに、Boleh ka?*大丈夫? と何度も何度も聞いてくれたのが岡村をはじめ、彼の友達だった。

正直な所、前回の活動の中で「子ども達にこんなにもあっているのに、どうして自分たちには何も彼らの将来に対してしてあげられないんだろう」と心の奥で悩んでいた。

その想いがふき出したのがこの時で、クラゲに刺された痛みよりも何よりも、岡村とヤツの友達の自分に対する視線になんともいたたまれない気持ちになっていた。

「岡村、自分のこと嫌いになっちゃうんじゃないかな?」

なんだか、そんなことまで思っていた。

だから今回も、会うとき少し怖かった。
でも岡村は、またもや優しく、「Masa、この前のクラゲのところ、大丈夫?」と聞いてくれた。

ああ、なんて俺は小さいんだ。
「自分がどう思われているのか、嫌いになってしまったのではないか」などと気にしている時間があったら、まずは自分から相手に今から出来ることを探して実行しよう。

相手の顔色を伺うのはその後でも遅くないはず。
何もしないで顔色を伺っている自分を、相手は好きになってはくれないことを俺はもう知っているはずだ。

卑屈になる必要も、高いプライドに苦しめられる必要もない。

いま、ありのまま、ただ自分以外の誰かのことを想おう。

「今、目の前にいる人にどれだけ向き合い、自分からの一歩を踏み出せるかが人の気持ちを動かし、その波紋が自分の人生を、『世界』を変えてゆく」

リーダー交代挨拶のMLに書いたこの想いを決して忘れないで、今を生きよう。

(2)ひろゆき(村人)と見た空のこと

3

「ひろゆき、もしひろゆきが好きな仕事が出来て、シティ(市内)に住めるくらいお金をもらえたら、ひろゆきはNumbakから出る?」

「でません。お母さんお父さんいるし、年齢が高いから、I should look after them、だよ。友達もいるし、出たくない。」

こんな話をした後のこと。

ひろゆきの家に行く途中、ちょっと寄り道して見上げた夜のヌンバックの空。

「ひろゆき、すごいね。すごくきれいだね。私、ヌンバックのこと好きだよ?」

ひろゆきに、ヌンバックを好きだよ、っていうといつもものすごく嬉しそうな顔をする。
自分も別に喜ばせようと思って言っているわけではなくて、本当に好きだから、それも伝わっているのかな。

自分が生まれ育った場所を、好きでいたいという気持ち。

これはヌンバック村人も、自分も一緒。

郷土愛っていうのかな。それを持てることってすごくしあわせだよね。

自分が生まれた場所って、すごく大切なアイデンティティ。
よりよい生活を求めてサバに来た、とはよく言うけれど、自分が生まれ育ったフィリピンの村だったり、海の上、そこでの生活様式、漁師としての誇り。忘れたわけじゃないんだよな。

生まれて21年間、僕を育ててくれた実家のある街は大好きだし、
最近では父親のしている町会の活動にもすごく興味がある。

自分が生まれ育った場所って、きっと親と一緒で、その子どもにとっては代替のきかない、大切な場所なんだよな。たとえ仕事がなくても、ゴミが多くても、犯罪が多くても、どんなに汚くても、子どもが脳の奥に焼き付けてきたたいせつな景色やひとがそこにはある。

だから、誰かが自分の生まれ育った町に来てくれることは嬉しいんだよな。
自分の生まれ育った町を、良く思って欲しい気持ちがあるんだよな。

六本木ヒルズに住むことよりも、地域コミュニティの残る農村に移ることよりも、海外に住むことよりも、

やっぱり自分が生まれ育った町が好き。結局、村人だってみんなそうなんじゃないかな。

村人も、CPのみんなも、サマーロッジのスタッフもみんな変わらないのに、渡航するたびに新しい世界が見える。

けど、それを心にしっかりと刻むこと、新たな一歩を考えて踏み出すこと。
「いま、ここ」に村人がいて、ボルネオプロジェクトがいて、自分がいること。

「次回渡航で」「明日」ではなく、「今回の渡航で」「今日」何を目指したいのか?

「プロジェクトが」はわかった。
「自分は」何をするのか。

よし、そうか。

やっぱり、今回の渡航では村の問題探しをするのではなく、良いところを探し続けていこう。
なんとなく意識していたことだけど、もっともっと意識していこう。

そして、それを村人にどんどん伝えていこう。活動じゃなくてもどんどんできるはずだ。

村人がもっともっと、村のことを好きになる。
村人がもっともっと、自分の村に誇りを持つ。

同じものを好きなひと同士はつながりやすい。村人同士だってそうなんじゃないか?

「コミュニティを創る」という前回渡航の目標に、きっと間違えはなかった。
ただ、「ゴミ」というひとつの問題を解決することを通じてだけではなく、他にも方法があるのだろう。

とりあえず、言おう。もちろん、心から。

最高の笑顔で、相手の目を見て。

4

Saya suka kampung sini.
Saya mahu datang di kempung sini lagi.

(私はこの村がだいすきです。)
(私はこの村に、また来たいです。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

1週間たったぞい!!

さあさあやってまいりました。

渡航序盤の怒涛の日々を乗り越え、初のお休みの日であります。

個人的に序盤はきゃなり忙しすだったので、ひと山越えた心境であります。

いまのとこ劇的に腹痛パラダイスに陥ることもなく、一応いい感じに日々を過ごしているのでごじゃいます。

昨日は初の新サバン村(旧ヌンバック)でのホムステでお疲れのわたくしはホムステー一日目一同の飲み会をスキップして12時間越えの睡眠をとり、フィーリングベリーナイスな感じです。

CPの皆さまとかとも適当な日本語英語インドネシア語で何となくコミュニケーションが取れることがわかり今後ますます頑張ってまいりたいの所存でござる。

企画担当、全体統括、ホムステとなかなかにリトルビットハードな日々でしたが、楽しんでものよりおもひでをつくってまいりたいとおもうのです。

まああとのもろもろの所感などはブログ担当の日にかきまふ。

それでは夜MTGが始まります。

ばんどー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヌンバックでお泊り

ミンタマフ!!

こんにちわ。初ブログ更新の池永純哉です。

まずなによりも先に一つ

重要な報告をさせていただいてもよろしいでしょうか・・・・・・・・

そう、

ダニに刺されました(´,_ゝ`)

ダニ除けスプレー、虫よけの芳香剤、長袖のパジャマ、ブランケット・・・etc

完璧なはずでした。

合計3000円近い幾重ものダニ対策を過信してしまっていたのでしょうか。

そこまで万全の準備しておいて、短パンで寝るという

まさかの凡ミス( ´_ゝ`)

あれだけの対策をしておきながら

結局僕の太もも裏は無残にもダニどもの餌食となってしまいました。

頭隠して尻隠さずとは、まさにこの事。

ちなみに今回のダニ被害は、昆ちゃんとぼくの二人です。

とんでもないものを前リーダーから引き継いでしまいました。

さて、なんやかんや言うとりますが、あっという間に渡航も3分の一が過ぎてしまいました。

昨日は初のヌンバックホームステイ。

あっ、ちなみにシカム村長の話によると、村の名前は

ヌンバックから、サバンバル(新サバン村)に変わったという衝撃的な事実を聞きましたが

村人は一切認知していないので、要確認です。

今回渡航で掲げた「希望の種をまく」という目標の達成の為には

メンバー全員が村人と近い距離で活動を行い、村人と近い目線で問題を見つめることが不可欠だと思います。

その意味で、メンバーがホームステイを通して村人の生活に1日だけでも入り込むことは大きな影響を与えるんじゃないかな。

今のところ広報、リサーチなど村で行った活動は成功しているし、全体として雰囲気も良いと思う。

なによりみんな、渡航を楽しんでくれてるんじゃないかな?

だけど、僕らは国際交流のために来てるんじゃないし、ましてや観光に来てるわけじゃない。

少しでも村人の役に立ちたい。

彼らと「しあわせ」という見えない価値を共に考え直したい。

メンバーそれぞれ違いはあれど、

楽しだけじゃだめだ、ってのは共通してると思う。

何より僕自身、

村人や子供たちの心に時間がたっても残るような記憶

彼らの胸の深い所にグッと足跡残したる!

って意気込みで、活動に望みます。

あっついし、ダニにも刺されて痒いし、マレー語もあんま話せなくて

なかなか大変なんだけどw

そんな活動の積み重ねが、希望の種としていつか芽を出すと信じて。

「教育を通して希望の種をまく」

教育という学びある活動を通したアプローチだけでは、村の本質的な問題解決には不十分であることはリーダーとして身にしみて理解しているつもりです。

だけどもだけど、今回の渡航で、村人と近い距離で彼らの意識に問いかける活動を積み重ねることは

今後BPがヌンバックとかかわり続け、

上層部や行政との交渉、システム的な問題解決へのアプローチを可能にする土壌を作ることに必ずつながって行くと信じています。

効率とか費用対効果とかじゃなくて、

「なんとか村人と寄り添いたい!」って心意気だけで活動を続けられるのは

どんな力のある企業の支援にも負けないBPの強さだと思うしね。

うひょ、すっかり真面目な文章になっちゃいました。

はじめてのシカムさん家でのホームステイ、

こんなこと考えながら、改めて決意を固めました。

もっとこの村の人たちに寄り添い続けたいし

この団体でこのメンバーと

やりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんある。

だからもうちょっとと言わず、やれるだけ頑張ってみようと思います。

そんなわけで、渡航も大詰め!!学生らしくパワフルに活動を目指しましょう!

活動する時俺らが笑顔じゃないのに、希望の種なんて育つはずないしね。

とにかくダニさん!ほんとにもう刺さないで!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なんか、しあわせだ

担当でもないのにしゃしゃりでて参りました、9期新メンバーえりです♪

文才が無いのは許してくださいね。

昨日まで、ヌンバックのシカムさん家にホームステイさせていただきました。

子供たちにチョメル(かわいい)、チャンティ(きれい)と言われまくり調子乗ってたのは秘密です笑

子供たちはかわいいですね。片時も両手が開いたときはありませんでした。こんなにもてたのは生まれて初めてだってくらい。ずっと囲まれてました。めっちゃ楽しかった♪

私は全然マレー語がしゃべれず、子供たちが話しかけてくれてもほとんどわかりません。それでもずっと手から離れず、話しかけてくれました。アパ?(何)て聞くとゆっくりわかるように話してくれました。それでもわからない。悔しいです。

こちらからは何も返してあげられなくても無条件に愛してくれる彼らを見てると、私たちは何かを与えに来たんじゃなく、もらいにきたんだと強く感じました。

彼らのためになにができるだろう。

浜辺はゴミだらけ。でも彼らは気にしていない。

BPがしてきた環境教育は根付いていないように感じた。

打てども響いていないなら、放っておけばいいのか。

でもよく見ると、子供たちの中には顔とか手にぶつぶつができてる子もいて。

私たちに医療的援助は難しい。環境教育には時間がかかる。

なら何ができるのか。

この子達が与えてくれる愛情に、何をもって返せばいいのか。

子供たちにママとか呼ばれながらそんなことを思った。

ママじゃないよ、カカ(お姉ちゃん)だよって何回か言ったんだけどあんまり定着しなかったなあ笑

右にも左にも子供がぺたぺたくっついて暑かったけど、なんか幸せだった。

サマーロッジに帰ってきて、ホームステイ第一班のみんなと飲みながら屋上にねっころがってバンプの天体観測聞きました。

しあわせ

そのまま星見てたら三回も流れ星が見えました。

しあわせ

みさきとタピオカミルクティー飲みながら歩いてるときも幸せだった。

悩まないわけではない。でもなんか、しあわせだ

そんなマレーシアの日々です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホームステイ1日目

こんにちわ。8期の宙彌です。

最初にして、最後のブログ担当なので張り切ってます!テーマはホームステイ(通称HS!XD)。PJの公式企画としては初の試み。そこで感じたこと中心に書きます。

ヌンバック到着後、シカム家に荷物を置いて適当にジャランジャラン。ゴミ箱を使っている家庭に出会った。村が汚いのは嫌なんだそうだ。

その後ナンバー2の方に向かった。その途中ずっと子供が付いて来たので会話帳片手に拙いマレー語で会話を楽しんだ。通じるって嬉しいね。

桟橋に到着。そこでかなり英語が話せる若者と出会い仲良くなった。電話番号教えたんだけど、かかってくると嬉しいな。

雨が降りそうになり、シカム家に戻ることに。家の中では再び会話帳大活躍。結構上達したんじゃないかな?

ご飯。メニューは魚のフライと野菜の炒め物とイカ、ナマコの入ったスープみたいなのと、キャッサバ、チキンといった感じのものだった。このご飯想像以上に美味しい!!!!!結果的にお腹も壊さなかったし。最高だ。

食後再び会話してるとき不思議な感覚になった。

人間として私たちはつながっているという感覚。言葉の違いとか民族の違いとかそういう違いを越えた人間としての一体感。会話空間を共有していたあの瞬間、人間であるという意味においては私たちに何の違いも無いという気持ちになった。私たちは同じ人間。それで十分。

シカム家を後にしてステイ先であるひろゆき家へ。外で話そうということになり、ひろゆきの友達と4人で話すことに。「結局あなた達のPJの目的は何ですか?未だに私分からないです」。その言葉に考えさせられた。ただ村が好きだから、だからがんばる。でも私はその先にどんな夢を描いているんだろう。

その後はギターと共にみんなでお互いの歌を歌った。音楽が繋ぎ止めるこの空間に置いてもまた、「世界」は一つになった。音楽にこめられた「思い」で私たちはつながれる。どんなものも乗り越えられる。

ここで村人から聞いたバジャウの面白い文化を紹介したいと思う。

1.月を写真にとってはいけない。撮ったらアンラッキーが起こる。

2.写真を撮るときに3、5、7人で・・・撮るのはいけない。センターにいる人が死んでしまうから。

興味深い。

その後近くの船着場に連れて行ってもらった。この村の空は広い。沢山の星に囲まれて、静かな海に包まれて。見守られているという安心感。私は一人じゃない。

私たちは同じ人間。何故か分からないけど沢山の違いが生まれてしまった。でもやっぱり結局はみんな一緒。そんなのが理想的だなんてよく分かってる。いろんな違いがいかに多くの問題を生み出し、そしてその結果世界が悲しみに満ちてしまってるかもよく分かってる。だけどポジティブに考えたい。やっぱり私たちは一つ。一緒になれる。

この現実が夢のようだ。でもこんな夢ならずっと、いつまでも見ていたい。

2010年2月17日 坂本宙彌

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボルプロ内で早くも自他共に認めるクソヤローとしての地位を確立しました、9期新メンバーのKです。人生初のブログを拙い文章でお送りします。

今日のボルプロも「おっかしーやろ」というナガシーの怒号とともに幕をあけました。ただ何が「おっかしー」のかは彼にしかわかりません。某大手商社に内定しているとは思えない驚異的な心の狭さですね。ナガシーのことを知らない人のために補足しておくと、「働くおっさん劇場」に出てくる野見さんみたいなルックスで内面は恐らくBP中、僕の次ぐらいに下衆っていう素敵な4年生です。

今日からヌンバックでのホームステイが始まりました。

先発隊はすでにヌンバックに到着しています。3時に出発のバスを後発隊のメンバーで見送りました。シカム家にはゆーきゃん、ゆっけ、がく、やまと、エリが泊ってます。ジャイナル家にはニッシーが、ひろゆき(自称)家には、ちゅーやとこんちゃんがそれぞれ泊めていただいています。僕は明日の昼からよーへいと一緒にひろゆき(自称)家に泊めて頂きます。いつも2,3時間しか居られないヌンバックに泊まれると思うと、新たな発見も多そうで楽しみです。

僕は渡航に向けて、絵本を使った授業の準備を中心に活動してきました。今日の午後もじゅんやと一緒にマレー語訳の貼り付けをやってました。東京外大の方々の協力も得て、つくってきた授業なので、少しでも子供たちに伝わるよう頑張ります。

まだ3分の1も終わっていない渡航ですが、ヌンバックに行く度、色んな事を考えさせられます。これをボランティアと呼べるのか、本当に現地の人の役に立っているのか、そしてこのプロジェクトのテーマである、幸せって一体何なのか・・・

今は自分の中で上手くまとめられませんが、渡航中に疑問に思ったこと、感じたことから逃げずに向きあっていきたいと思います。

今はただ皆でつくってきた企画が少しでも上手くいくように努力したいと思います。

それでは。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

GO!GO!Tsunago

カリーラクサのなにが美味しいのかわかりません。

で、おなじみの西田です。たしか8期です。

今日は2月15日、広報部つなごう企画の日でした。

「岡上小とヌンバックの子供をつなげたい

世界に興味を持ってほしい。

世界に興味を持つことで身近を見直すきっかけになってほしい。」

という想いがこの企画には詰まってます。

「なつみ・ひとみ・りな・ぴん・かおるん」

という広報部にとって大きすぎる(※うるさすぎる&キャラが濃すぎる)5人がいないため

ちょっぴりおとなしめな(※ミンタマフな)広報部と化していますが

日本から支えてくれているメンバー・渡航してるこん・ばん・しょーたの

頑張りでなんとかやってます。

今日の活動に関しては、

子供も楽しんでくれていたんじゃないかと思ってます。

個人的にも最高に楽しかった。

最初一つの教室に集まって、やまとの仕切りから

スタートしたけど、子供のあの盛り上がりは最高でした。(やまとお疲れちゃん)

作品紹介もちゃんと聞いてくれていたって話を聞いたし

自分が担当していた合同作品では

岡上の絵とヌンバックの絵で

「ダイスキ!!!!」

という巨大文字をつくったけど、

自分の絵がどこに貼られてるか探して、みつけて喜んでる子供をみただけで

やってよかったと思った。

いま、とっても頼りない広報部だけれど、

色んな人の、もしかしたらその人が気付いていないような

ちょっとした行動の積み重ねで

いまの広報部は支えられていると思います。

BP、CPメンバーの頑張り具合に、

日本から支えてくれてるみんなに、、

ダニに苦しむじゅんや(現リーダー)とこんちゃん(前リーダー)に

全身全霊で、MiloPingをすすりながら「ありがとう」と叫びたいです。

ありがとう。ほんとうに。

まぁまだ渡航は序盤だし、今日の活動も今日で終わりなわけではなくて

合同作品を囲んで撮った写真をひとみに送信して

→ひとみに岡上ダッシュしてもらって、岡上の子に作品ができたことを伝えて

→その写真を囲んで岡上の子と写真を撮ってもらってまたその写真をおれに送信してもらう

→それをKKで現像して広報部2日目にNVCの子供に写真が本当に岡上に届いたことを伝える

→「世界はつながってるんだ」

、、、ということを伝えたいわけで、

岡上とヌンバックの子が少しでも世界に興味をもってもらいたいわけで

なにかを感じて、なにかを考えてほしいわけで

まぁとにかく喜んでくれたらそれでいいと思っているわけで。

結局のところ

「喜び」とか「笑顔」とか、その時々を、その一瞬一瞬を、

いかに楽しめるかが、しあわせにつながる気がします。

ヌンバックの人をみていると、マレーシアの人をみていると、

未来のことを考えて行動するというより、今したいことをしてる。

ようにみえてきます。

それに比べると、自分は、未来をできる限り予想してから、今の行動を決定してる。

ように感じます。いろんな場面で、

どっちがいいとか悪いとか言いたいわけでも

ないんだけど、、、

まぁだから、あれだ、そのーなんだ

長くなりそうなのでここらへんにしておきます。

結局のところ、、、、

「easy come easy go」でしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヌンバック村(仮)初日☆☆

こんばんはwink

今回第九回渡航、女子最年長の5期ゆっけです☆☆

KK到着4日目も終わり、皆それぞれ疲れも見えてきたように感じますが、

元気にやってます!!

さてさて、今日はヌンバック村活動日の初日、

リサーチチーム主催の「おうちデート」の日です。

初めて訪れる新メンバー、

一年ぶりのメンバー、

半年ぶりのメンバー、

それぞれ色んな思いを抱きながら、ヌンバック村を訪れたわけです。

UMSの学生と一緒にミニバスに揺られること1時間。

海辺に見えるヌンバック村は半年前とそう変わらないように見えましたが、

信じられない変化が生じていたのです!!!!!!!!!!!!

なななななんと!!

ヌンバック村は名前が変わり、Kampong Sabang Baru(新サバン村)に

なっていたのです!そして、

前回村長ではなく別の役職に移っていたシカムさんが再び

村長に返り咲いていました!!!!!

Sabangだなんて、、、、シカムさんの昔住んでいた所じゃないですか!!!

(なおこ、ひろ!!ブログ読んでる!!??

大変なことが起こったよ!!!KKおいでよ!!!)

まぁそれはさておき、(今まで信頼関係を築いてきたシカムさんが

権力を得る分には、私たちの活動にとりあえずそれほどの影響は無いと思われるので)

今日はリサーチ初日でもあり、おうちデートは

9期のやまととけいが取り仕切ってくれました。

二人ともお疲れ様です★★ 

リサーチチームは9期が三人も入り、ただいま絶好調なのですww

わたしの班はにっしーとしょーただったのですが、

しょーたは昨日に引き続き、ヌンバックでもよさこいを疲労してくれて、

大活躍でした♪♪(でもブログ書いて!がしつこいです笑それも活躍の証拠かしら?)

新メンバーはそれぞれ、ヌンバック村を初めて目にして色々思うところが

あったようですが、あまり一つの考え方にとらわれることなく、

メンバーや村人、CPと話したり、色んなものを見たり聞いたり考えたり

することで、柔軟に自分の思いを育てていってほしいなと思います。

私自身、渡航中に出会った色んなメンバーの言葉や村人や、

それはもう色々なものに触れて、変わったと感じているのでheart02

さてさて、もうすでにものすごい長文になっておりますが、

気にしません!!押し付けがましさは年寄りの特権です。

さてさて今日は何の日でしょう??

初ヌンバック?うん。

チャイニーズニューイヤー?うん。

そうです、バレンタインデー!!!

BPには女の子がそれぞれ男の子にチョコレートを

あげなければならないという忌まわしき習慣があるため、

渡航前からそれなりに企画はしておりました笑。

わたし、このイベントには6年ほど参加していないのですが、

なんと今回手作りしました!!!

というと聞こえはよいですが、

溶かして固めただけです。

そして暇つぶしにえりかと完全に遊んでただけです。

まぁ皆なんとなく喜んでくれたようなんで良しとしましょう。

伝統を破らずに済みました。

そして女の子が皆男の子にチョコレートを渡し終わって、

このイベントも終わりかと思いきや、

ななななんと

男の子からもケーキとチョコレートのプレゼントが用意されていたのです!!!

わたし驚きました!!

今まで男の子からお返しが返ってきたことってありましたっけ、みんな!!??

しかもバレンタインデーの日に用意してくれるなんて!!

なんて今回の渡航はジェントルマンばかりなのでしょう!!

道理で男子部屋がきれいなわけです★

ありがとう!!みんなでおいしくいただきます~

さてさて夜も更けてまいりましたので、

この辺でおいとまします。

明日は超早起き!!

広報部の岡上小学校との交流企画1日目です。

部長のひとみから意志を引き継いだにっしーをはじめ、

みんなとっても頑張っています!!

楽しみっっshine

ではおやすみなさい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コーディネート力。

今日は僕の担当じゃないけど、早く起きれた&担当企画の後なのでブログ書きまーこん。
おはようございます。昆野です。

実に4回ぶりのKK。もう完全に帰省感覚である。

到着早々食あたりで嘔吐。これは幸先がいい。

KKも、CPも、Summer Lodgeも、みんな半年前とほとんど変わらぬ様子のようだ。
1年半前から同じ曲がBB Cafeでは歌われ続けている。

No one, no one.....

やはりBPは、どの部で活動するか、どの役職で渡航するかによって本当に見える景色が違う。

今回は1年半ぶりにリーダーではなく1メンバーとしての渡航ということで、それはもう全くKKも、他のメンバーも違って見えている。不思議なものだ。

そういえば、毎回延泊に入った瞬間にKKが全く違う街に見える。

結局、外の世界を見ているのは自分の目ではなく心で、
どう見えるかは自分の心のありようしだいだということだ。

さて、昨日はCounter Part Assembly Part.1とCounter Part Partyを開いた。

しかし準備が大変だった。

現地に到着してから、取れていたはずのAsia City Complexの部屋がChinese New Yearで取れないことが判明。

さて、どうするか。いくつかAlternative選択肢を考える。

UMSの教室を借りる
→SIA・GSSの学生にUMSに来てもらうと毎回トラブルが起こるので却下

Dale(SIA)の家(巨大)を借りる
→Ranauにいて来れないので不可

フランシス教授にお願いする
→あらゆる部屋はすでに予約されていて不可能らしい

手詰まりかと思い、どうしようか本気で悩む。

これが自分にとって初めての渡航だったら間違えなくここで終わりだった。
安易にUMSを借りる選択をしたと思う。

だがしかし、こういうギリギリの状況でこそ経験と成長が活かされる。

「困ったときはおたがいさま」の精神。

サマーロッジフロントのお姉ちゃんに聞く。

「明日の15時から5時間ぐらい、KK市内で電気が使えて30人くらいで座って話せそうなな場所ってあるかな?」

すると、思わぬ返事が。

「ああ、私の姉がウォーターフロントのカフェで働いていて、そこを貸しきれるかもよ?ちょっと電話してみようか?」

いよっしゃあああああああああああ!

電話でも快諾。

下見に行く。問題なさそう。

オーナーと打ち合わせ。

こうして、無事最初のイベントは開かれた。

つまるところ、今日書きたかったのはコーディネート力について。

「会議室を借りる」ではなく、「KK市内で30人集まれる場所を借りる」。

目的は会議室で会議をすることではなく、30人が集まって話をし、お互いを知ること。
これからの活動に向けたモティベーションを、高めること。

それを、いかに良い雰囲気で効果的に行うか。

それが問題だった。

確かな目的意識とコミュニケーション力。
そして絶対にあきらめないという強い決意と、行動力。

誰に何を言われようと、絶対にあきらめない。

ただ場所を借りただけの話だが、大切なことを学んだ。

場所を紹介してくれたサマーロッジのお姉ちゃんに、ケーキでも買って来よう。

決して自分が成し遂げたなどと思わず、感謝の気持ちを持ちつづけて活動しよう。

総会の内容についてはまた書きます。
そろそろ朝MTGだ!初Numbak!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

わわわ!!

すらまっぱぎー♪

3日目のブログは、9期のみさきがお送りしまーす☆

今日は朝はゆっくりでした。たくさん寝られるのはうれしい!

朝MTGで明日のおうちでーとのリハをやって、それぞれご飯食べいったりして、CP総会パート1が開催されました!

CPとの初対面!!ウォーターフロントの近くの場所を貸しきって盛大に行われました!

ちなみに私は英語がぜんぜん話せません。かなりCPを困らせて、あげく

「can you speak English?」て言われました!めったにないことですね!!←

CP総会の内容は、みんなで自己紹介、BPのこと、活動の方針、それから各部の紹介のプレゼンとかとか…。

それから夜はみんなでご飯食べました☆

しょうたとがくさんのよさこいが素敵すぎましたーー♪♪

みんなで踊ったり、とっても楽しい総会になりました☆これから楽しみだー!

個人的な話で申し訳ないのですが…私の恐怖体験を聞いてください!

今日、停電しました。

しかも!!お風呂に入ってるときに停電しました。なんも見えなくて焦る私。だんだん遠ざかるBPの人の声。シャワーのお湯がお水に変わる。冷たいのにじゃぐちが見えないから止まらない。そのうち2階から誰も居なくなる…。真っ暗でなーんも見えない。

泣きますよね。

とりあえず頑張って服を着て、頑張ってドアの鍵の部分を探して、外に出てみんなを探しました。

こわかったーーーーーーーーーーー(;_;)

KKは、ほんとに素敵なまちですね!

自分の話ばっかですみません!笑

明日はなななんと初Numbakです!!どきどきわくわくです!!おうちでーとも楽しみだ!明日もみんな頑張りましょう☆

ではではおやすみなさい♪    みさき

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれ、食べ過ぎた?

スラママランーヽ(´▽`)/

ただいま断水中です・・・タンダス・・・

渡航二日目、9期ももが担当します(≧∇≦)

今日は11時から朝MTGでしたが、みんな案外早起きで

9時頃からじゃらんじゃらんしましたー海!

午後は関係者連絡やら諸準備やらでみんながそれぞれ活動してました★

私はRobert担当で、英語での電話にどきどきはらはらしていたにもかかわらず

結局2度あることは3度あるといいますけど、つながらずに終わってしまいました(´・ω・`)ショボーン

けど何人かアポイントとれた人もいたりして、

夜は加藤先生と一緒にお食事もして順調なすべりだしです(o・ω・)ノ))

個人的には、ナシゴレンに始まり、ミーゴレン、しょーろんぽー、キッチャイピン、エッグタルト、タピオカと二日目にしていろんなおいしいものにありつけて

幸せな反面おなか周りが心配です((・(ェ)・;))

でも、屋上でよさこいの練習をしたりと

みんな元気に楽しくやってますー

あ、ひとつだけ!ちゅーやが歩くのが早すぎます!置いていかれます!笑

明日はCP総会!たくさんのCPに会えるのわくわくでティンドゥアしまーす

| | コメント (3) | トラックバック (0)

着きました!

ついに着きました、コタキナバル!

ハロー、9期のしょーたです。日本のみなさん、元気ですか?

経由便も直行便も無事にサマーロッジに着くことが出来ました!

自分は経由便だったのですが、先に着いていた直行便の方々がおでむかえ。しかもファジルやヒロユキといった現地の方々が出迎えてくれました!さらにヒロユキの手配で空港からサマーロッジまで車で移動。バス代が浮いちゃいました。まさにヒロユキさまさまサマーロッジですね!テンションがおかしいです!

今日は疲れたのでこの辺で。これから飲むそうですけど・・・ヽ(´▽`)/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マ、マ、マ、マレーシア!

こんばんわ。

NGCとカラオケオールすることが決まった宙彌です。

書きたいことはいくらでもあります。書ききれないよ。

個人的なブログもやる良かったら、ついでに読んでください。

渡航中出来るだけ更新します。

http://profile.ameba.jp/sachuhi21/

約一ヶ月躍動してきます。

それではっ!

坂本宙彌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合宿おつかれさま!

みなさん、合宿おつかれさまでした!!!

9期のしょーたです。今回の渡航にあたり、ブログ担当をやらせてもらうことになりました。

ブログは渡航中がメインなんですが、渡航前に今回の合宿の様子と、渡航に対する意気込みを軽く書きたいと思います。

みんな、続けーっ!!!

ではでは合宿から・・・

2月7日11時に参宮橋駅集合でみんなでお昼ごはんを食べて、合宿スタートっ!のはずでしたが・・・

駅にいたのはリーダーのじゅんやとなっちゃん、それに9期の4人だけでした・・・

こんなに時間にルーズで大丈夫???

成田には遅刻しないようにしましょうdash

遅れたメンバーも加わり、mtgスタート!

広報、フィリ民と続き、ご飯を食べ、夜の飲み会へup

○○ちゃんの蛮行はまだ見慣れてない新メンにとって、言語に絶するものがありました。でもこれがBPなんですよね。慣れるようにがんばりますchick

3時ごろ就寝・・・7時半起床sun

9時からmtgが始まり、2時半に無事終えることができました。

合宿の様子はこの辺で。次に自分の渡航に対する意気込みを書きたいと思います。

渡航を通じて、自分の中で何かが変わると確信しています。それは目に見える変化じゃないかもしれないし、渡航後すぐに分かるものでもないかもしれないけど、その変化によって自分が一回り成長できればと思っています。

そのために希望もあり、不安もあるドキドキわくわくな今回の渡航をがんばりたいと思います。

みなさん、今回の渡航がんばりましょーsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »